四月は君の嘘 新川直司

『四月は君の嘘』
新川直司
無料立ち読みはこちら

少年コミック/実写・アニメ化/月刊少年マガジン

四月は君の嘘~あらすじ

ピアノコンクールで演奏をやめて、周りから有馬公生のキャリアが台無しになったといわれる。
そのときからピアノが弾けなくなっていた。
それが11歳の秋の出来事だった。

学校で女子ソフトボール部が試合をしている。
もの凄い飛球の打球が伸びて、学校の窓ガラスを直撃した。

それをみて、バッターの椿はゾッとして逃げるが、とりあえず割った窓ガラスの教室に向かう。
そこは音楽室で、血を流して男子生徒が倒れていることに気づく。
「きゃー死体だ」と悲鳴をあげると、証拠隠滅に落ちていたボールを取り上げ、立ち去ろうとする。

そのときに、倒れていた男子が幼馴染みの公生ということに気づく。
彼も起き上がり彼女に気づき、今ごろガラスが割れていることに驚く。

彼は「またお前か椿?やっと直してもらえたのに」と言うと、「中学最後の夏だから三冠王をめざす」と彼女は宣言した。
ガラスを片付けようとする公生の指を心配する椿。

「危ないじゃない、指ケガしたらどうするの?」
「別にいいのに…」

四月は君の嘘の内容

有馬公生(ありま・こうせい)は、母親が亡くなり急にピアノを弾かなくなった元・天才ピアニスト。
何も目指すものがなく、なんとなく過ごしていた生活は、彼らしさを失っていた。
そんなとき、友達の付き添いでデートに行くと、少年の人生がかわる。
性格が最悪で、喧嘩っ早く、しかし才能溢れるヴァイオリニストの少女・宮園(みやぞの)かをりと出逢い。有馬公生は輝きを取り戻し始める。
青春ラブストーリー。

『四月は君の嘘』(しがつはきみのうそ)は、新川直司の漫画作品。
2011年、『月刊少年マガジン』(講談社)で連載がスタートした。
テレビアニメ化されている。

新川直司の他のおすすめマンガ

【新装版 さよならフットボール】
少女・恩田希は、男子にまじりフットボールに夢中になる。



新川直司
【四月は君の嘘】
無料立ち読みはこちら

漫画「四月は君の嘘」の感想・レビューや画像ネタバレ情報も掲載していきます。

このページの先頭へ