フェアリーテイル(FAIRY TAIL) 真島ヒロ

『FAIRY TAIL』
(フェアリーテイル)
真島ヒロ
無料立ち読みはこちら

少年コミック/実写・アニメ化/週刊少年マガジン

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)~あらすじ

ハルジオンの街に、ひとりの少年と一匹の猫が到着した。
少年の名前はナツ、猫の名前はハッピー。
列車にゆられて酔い、最悪の気分で「二度と乗らない」と誓う。
彼らは、火竜(サラマンダー)がこの街にいるという情報を便りにたどり着いた。

一方、1人の少女が魔法屋で物色している。
彼女は強力な門の鍵を探しているようだ。
目当ての白い子犬(ホワイトドギー)をみつけて、購入する。
彼女の名前はルーシィという魔導士の少女。
そして街を歩いていると、有名な魔導士の火竜様が来ているとかで、女性達がアイドル扱いして騒いでいた。

ルーシィも、店では買えない火の魔法を操るという、噂の火竜に興味をもち、人だかりの方へ進んでいく。
女性に人気があるので、「格好良いのかしら」と一目見ようと向かう。
女性の輪の中には1人の男性が立って声援を浴びていた。

ルーシィは彼を一目見てドキドキしてしまう。
するとそこにナツが登場する。

ナツの声を聞き、我に返ったルーシィ。
火竜と名乗る男は、港の船上でパーティーをするといい立ち去る。

ルーシィはナツに感謝した。
どうやら先程、火竜の男が魅了(チャーム)という魔法を使い、人の心を引きつけていたようだ。
ナツが飛び込んだおかげで、その魔法が解けたという事だった。

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の内容

魔導士に探し物や魔物討伐など、色々な仕事を紹介してくれる組織が魔導士ギルド。
一流の魔道士を目標にしているルーシィは、火を操る魔導士の少年、ナツと出会い、彼のギルドに入った。
魔法界で大暴れする、おもしろ冒険ファンタジーの旅が始まる!

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は、真島ヒロによる日本の漫画作品。
2006年、『週刊少年マガジン』(講談社)で連載がスタートする。
2009年からテレビアニメ放送された。

真島ヒロの他のおすすめマンガ

【RAVE】
魔石DBと聖石レイヴをめぐる冒険ファンタジー



真島ヒロ
【FAIRY TAIL
(フェアリーテイル)】
無料立ち読みはこちら

漫画「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」の感想・レビューや画像ネタバレ情報も掲載していきます。

このページの先頭へ