ボクラノキセキ 久米田夏緒

『ボクラノキセキ』
久米田夏緒
無料立ち読みはこちら

青年コミック

ボクラノキセキ~あらすじ

ある時代で、激しい闘いが繰り広げられている…夢を見て朝、彼は目覚めた。
学校に行くと、夢の内容を鮮明に覚えているため、歴史の教科書で夢の時代を調べる。
中世ヨーロッパの雰囲気に似ているが、なんとなく違うと考え、階級制度を推測する。
絶対王政や王権神授説など調べていると、数学の授業なのに世界史の教科書を開いていたので、女子生徒に声をかけられる。
彼女は世界史が好きらしい。

彼は皆見(みなみ)、その女性は上岡(かみおか)。
上岡は女子トイレで女友達に、皆見は変だから関わらない方が良いと言われる。
小学生の頃から皆見はオタクでキモがられているようだ。
その理由は、「前世でどっかの国の王女だった」と言っていたからだ。
学芸会で騎士の役に決まった皆見だが、「前世が王族だったから騎士を演じられるかわからない」と言い、変人扱いされていた。

ボクラノキセキの内容

皆見晴澄は、前世の戦争で滅亡した国の女王・べロニカの記憶をもっていた。
そのため前世の話をしてしまい、変わっている人にみられて学校生活で浮いていた。
久米田夏緒が前世と現代のファンタジー、魔法の世界を描く。

『ボクラノキセキ』は、久米田夏緒の漫画作品。
『コミックZERO-SUM増刊WARD』(一迅社)で連載されている。


久米田夏緒の他のおすすめマンガ

【NEWSPARADE】
バス事故をめぐる物語



久米田夏緒
【ボクラノキセキ】
無料立ち読みはこちら

漫画「ボクラノキセキ」の感想・レビューや画像ネタバレ情報も掲載していきます。

このページの先頭へ