弱虫ペダル 渡辺航

『弱虫ペダル』
渡辺航
無料立ち読みはこちら

少年コミック/実写・アニメ化/スポーツ/週刊少年チャンピオン

弱虫ペダル~あらすじ

高校生たちが学校の帰り道、渋谷に寄って遊ぶ話をしたり、新宿によって買い物に行く話をしている。
その中で、1人の男子生徒は秋葉原へ行く野望を抱き、自転車を引いて歩いている。

フィギュア最新DVDやゲーム・キャラクターグッズなどが目当てだった。
誰よりも早く目当てのモノを手に入れたいと、意気込んでいる。

途中柔道部の集団とすれ違ったが、そのテンションの高さに驚き、運動部だけは誘われても入らないと誓う。

坂道を自転車で走っていると、後ろから車が走ってきた。
自動車にひかれて身体が吹き飛ぶ。
ドライバーは心配して駆け寄るが、何事もなかったように起き上がり、逆に謝る。
その車は送迎の車で、中に乗っている高校生に呼ばれ、ドライバーは名刺を渡しその少年と別れた。
そのドライバーの車に乗っている高校生に、自転車に乗っている子がいたと報告するが、その高校生は「そんなはずはない。ここは斜度20%以上の激坂だぞ。ママチャリで走れるわけない」と言う。

千葉県立総北高等学校は、総武線学園上総駅からバスで15分、房総半島北部の小高い山に位置している普通校だった。
自転車の少年は、部活動のしおりを読み、アニメ研究部をみつけて喜んでいた。


弱虫ペダルの内容

『弱虫ペダル』(よわむしペダル)は、渡辺航の漫画作品。
2008年から秋田書店『週刊少年チャンピオン』で連載が始まり、2013年にテレビアニメ化されている。

小野田坂道は、ママチャリで斜度20%以上の激坂を登り、秋葉原へ往復する高校生。
ガチャポンやゲーム、アニメにはまり、90kmの道を自転車ひとつで激コギする。
自転車競技をテーマに本格的なスポーツ漫画が描かれている。


渡辺航の他のおすすめマンガ

【まじもじるるも】
高校生の柴木(しばき)が願いが叶う魔法のチケットを手に入れて…

【弱虫ペダル SPARE BIKE】
チームの大黒柱3年生! 巻島先輩の過去。もう一つの「弱虫ペダル」

【まじもじるるも-放課後の魔法中学生-】
渡辺航の魔女っ娘コメディ漫画

【まじもじるるも 魔界編】
小さな魔女の孤独な戦いを描く



渡辺航
【弱虫ペダル】
無料立ち読みはこちら

漫画「弱虫ペダル」の感想・レビューや画像ネタバレ情報も掲載していきます。

このページの先頭へ